FC2ブログ
とうふドーナツ
先日、NHK今日の料理で、「わたしの忘れられない味」というドキュメントタッチの番組があり、秋に放送してて見逃してたんだけど、アンコール再放送してて、それを録画することができました。

大好きな、料理研究家の高山なおみさん。今や料理もさることながら、作家さんみたいになってらっしゃる。

高山なおみさんの忘れられない味は、幼稚園のお誕生日会で毎月出てた手作りドーナツでした。

そして、その幼稚園を実際に訪れ、再びドーナツを食べる、という…。

幼稚園のドーナツは今でも続いてて、毎月お母さん達が作っているそう。
高山なおみさんは50歳くらいだから、長い歴史だなぁ。
番組の中で、高山なおみさんが、幼稚園でのドーナツ作りを、80歳くらいのおばあさんに教えてもらうんだけど、そのおばあさんは高山なおみさんが料理のプロってことを絶対に知らないような教え方をしてて、そして、高山なおみさんも、10代の女の子のように素直に教えてもらってて、二人ともすごいな~と思いました。

そのドーナツは、時間がたって、包み紙に油がしみてて、砂糖とニッキがまぶしてあって、ふわふわじゃなくて、固くて。

高山なおみさんは、何十年振りかにそのドーナツを食べ、その前に手で半分にする時に
「そうそう、かたいの」

ひとくち食べて
「うんうん、これこれ、揚げたてより、こっち」

と言ってました。

小さい頃や、思春期の頃に食べたものを、また食べれるって中々ないですよね。

同じものを再現しようとしても、そこには思い出というスパイスも付随しているから、結局は、再現しようとしても、ちょっと違ってしまう。

味の思い出って、その場の空気や、一緒に居た人や、匂いや、音や、いろんなものがセットになってる。

私にとって忘れられない味ってなんだろ。
うーん、いっぱいあるぞ。



てなわけで、高山なおみさんが食べてるドーナツを見てたら、やはり素朴なドーナツが食べたくなって、昨日3時のおやつに作りました。

長女には、シナモンと砂糖を混ぜるという作業を手伝って?もらいました。

材料や分量はてきとう!
豆腐があったから豆腐を、甘酒があったから、牛乳の代わりに入れてみました。ドーナツの形じゃないし、柔らかめの生地になったから、形もまん丸ではないけど、ふわっともっちり、とても美味しくできあがりました。

そうそう、これこれ。
ミスドでは売ってない、家庭ならではの素朴さです。
豆腐入りはかなりいいです!
また作ろう。


次女もいっぱい食べました。
スポンサーサイト



【2013/02/05 21:45】 手作りお菓子 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ホワイトドット☆ネイル | ホーム | 節分ディナー>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://70040122.blog120.fc2.com/tb.php/742-73aceb8c
| ホーム |