FC2ブログ
iPhone紛失事件
早い話、私、日曜日に自分のiPhoneなくしました。
そして、やれるだけのことはしたけど、発見されず、警察からも連絡がありませんでした。

でも、我が家に一台iPhoneが余ってて、kunyさんが私のデータを最近バックアップとってくれてあったので、kunyさんがソフトバンクで手続きしてくれただけで、また復活することができました。
金額的には、手数料2千円。

日曜日、
私は幼稚園お遊戯会の帰り道にポケットに入れたiPhoneを落としたのです。
たぶん。

帰りは、私一人で娘二人を連れてバスで帰りました。
バスはノンステップバスじゃないから、次女を乗せたベビーカーをよっこらしょと持ち上げたりしたので、その拍子に落ちたのかもしれません。

家にたどりつき、バタバタと、遅いお昼を食べようとしている時に、iPhoneをなくしたと分かった時はパニックですよ。


kunyさんは、お遊戯会後に指揮者マスタークラスの聴講に行ってて居ないし
、バス会社電話したり、自転車かっとばしてバス停見に行ったり、車で娘二人また連れて幼稚園付近を探しに行ったり。

とりあえず、バス会社と警察に電話する時も、電話番号分からないから、「iPhoneで調べよう!」
「あ、iPhoneないじゃん!ハローページじゃん!」
てな感じでワナワナでした。

幸いiPhoneはロックかかってて、暗証番号入れないと開かないから大丈夫かなぁ、でも心配、と思ってました。
子供がいたずらしないようにかけているロックがこんな形で役に立つなんて。

結局、なくした当日の夜、kunyさんが帰り道にひばりヶ丘駅前のソフトバンクに寄ってくれて、iPhoneをとりあえず止める方法を聞いてきてくれました。
自宅電話から簡単に停止できるらしいです。

そして翌日、私と娘二人はお友達のおうちに遊びにいき、kunyさんがマスタークラス聴講(3日連続の最終日)の帰り道にまたソフトバンクに寄って、手続きをしてくれて、我が家で、余ってたiPhoneにデータをいれてくれて復活することができました。


いやぁ、あほですねぇ、わたし。
トホホ。

そんなときでも怒ったり、呆れたりしないkunyさんは、ほんとに優しい人です。

私はiPhoneの無い一日半を過ごし、いかに自分がiPhoneに依存していたかを思い知りました。

例えば、ちょっとしたことでも検索できない、「今日のメニューは◯◯だよー」ってメールできない、おいしいものや、娘の可愛い顔を撮れない、、、。

とくに、やはりメールができないのは、不便というか、淋しいですね。

わざわざ電話するほどのことじゃないけど、伝えたいことって、日常にたくさんあるんだなと思いました。

電話だと、電車やバスの中ではできないし。

昔「帰るコール」って言葉がありましたね。
今は「帰るメール」ですよね、ほとんどの人が。


携帯もスマホも無い頃は無いなりに生活していたのに、今の私にスマホがない生活は考えられません。

だから、これからはもっともっと大切にします。

kunyさんに、
「これからは首からぶら下げようかな」
と言ったら

「ダサいよ」
とサクっと言われました(^^;;


皆さんは私みたいなばかなことはしないと思いますが、なくしたり、トイレに落としたりしないように、お気をつけください。
そして、しっかりバックアップしときましょう!
もしくは、うちみたいにマメな旦那様にバックアップとってもらいましょう。


こんな長文読んでくださって、ありがとうございました。
スポンサーサイト



【2012/12/11 22:11】 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<マリアージュ | ホーム | おみやげ>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://70040122.blog120.fc2.com/tb.php/702-57c1320d
| ホーム |