スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
雪の入学式
気温は低く雨予報も知ってはいたけど…

朝カーテンを開けると

雪。


4月の雪。。。










前の晩

「一年なん組なんだろう?」
「どんなせんせいかな~」
「◯◯ちゃんはなん組かな」
「小学校のなかはどうなってるんだろう~?」
「ドキドキして眠れな~い!」

と言っていた長女。
そしてその日はkunyさんは仕事で
札幌に行ってました。

翌朝(入学式当日)
長女を、いつもより早く起こしついでに
「まだお父さんいるよ、もうちょっとしたらお仕事いくよ」
と声かけたら

眠気まなこをこすりながら
布団から這い出て
お父さんの元へ
よたよた歩いて行きました。


「会いたい」
と思うパワーって
すごいですね。








それにしても、
寒い寒い入学式でした。











同じ社宅から入学した子は
長女の他に6人いましたが、
みんなお父さんは休みを取ったらしく
参列されていました。

わが家は休みとるなんて
無理と分かっていたから
お願いさえしてませんでした^^;




長女としては
お父さんに入学式来てほしかったけど、


「りほの入園式はお父さんこれるの?」

と質問して、私が


「入園式もお父さんは これないよ」


と答えると、それならいいよと言わんばかりに納得してました(笑)
これで次女の入園式にはkunyさんが
来ていたら、ズルイ~となるので、
良かったです^^;










式が始まる前

モーツァルトのクラリネットコンチェルト
の第二楽章が流れていました。

あの美しい旋律。

切ない和音。


込み上げてくるものがありました。








一人目育児
がんばりすぎていた私。

泣き止まない赤ちゃん
に途方にくれて
こっちが泣きそうだよ
と真剣に思っていたあの頃。


神経質になっていた私…

kunyさんにもいっぱい心配かけました。


小学校に入るなんて
まだまだ先の遠い未来のことのように
感じていたけど、

おかげさまで

元気いっぱい明るい子に育ち


入学の日を迎えることができました。



ありがとうございます。



◯◯式。
今までは
自分が主役で、親は見にきてくれる…

そんな風に感じていました。


それが今では、自分が親の立場になり
子供の成長を晴れ晴れとした気持ちで
見守るようになりました。


そうなると
見えてくる
親の気持ち…



「30年前のこの日、
母はどんな気持ちで私のことを
見ていたのだろうか…」
「着物を着て、気合い入れて
くれてたんだなぁ…」

と、今さらながら
その時の心情を語ってほしくて
たまらなくなります。



明日からの小学校生活を
心から楽しみにしている長女。


私も同じ気持ちで
わくわくしてます。


母も
今の私と同じように
わくわくした気持ち
だったかな

そうでありますように。




長女よ
入学 おめでとう(*^o^*)

元気で可愛い姿を見せてくれて
ありがとう。


式の間
おりこうにしてくれていた
次女と息子も
ありがとう。










スポンサーサイト
【2015/04/08 21:30】 娘達。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<イチゴロールケーキ | ホーム | 慣らし保育>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://70040122.blog120.fc2.com/tb.php/1083-0eb6266b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。