FC2ブログ
再会





中学1年の入学式。


彼女は田中、私が高橋で
出席番号がならんでいたから、
私達の席も前後にならんでいた。


それが彼女との
付き合いの始まり。


彼女はバレー部、私は吹奏楽部。

家も全く逆方向だから、話すのは学校だけで、
2.3年はクラスも違っていたけど、
一体何回、ルーズリーフの手紙を書いたことだろう。
何通もらったことだろう。


同じ高校に進み、高校2.3年は同じクラス。

特にやりたいこともなく、夢ってなに?
やりたいことってなんだろう…9
と、悩んでいた彼女は福祉系の大学に。

私は、音楽大学に。


大学も同じ沿線上で、たまに会い、
恋愛の相談ばかりして、
お互い別々の土地で就職して、結婚して、
同じ時期に一人目妊娠して…。

しょっちゅう連絡とるわけではないけど、
いつも心の隅に彼女がいて、
どこかで支えあっているような。







五年振りの再会は、彼女の実家のお寿司やさんで。



いつからか、私が彼女の家に夜遊びにいくと、
残りのネタで作ったお寿司を
お母さんが持ってきてくれて、
私は晩ごはん食べたあとにもかかわらず、
しょっちゅう食べさせてもらってました。

彼女はお寿司に飽きているから
ほとんど食べないんです。

なんと贅沢な~。



そんな話しをすると、kunyさんは
心の底から羨ましがり、
「いつか、ちーちゃんちのお寿司を食べる!」
と宣言していました。




そしてそして

ようやく念願叶い…













基本、早食いの彼ですが、
この時はゆっくりと堪能しておりました^ ^


良かったね~


ありがたいね~




天ぷらには、白子の天ぷらがあったり、
茶碗蒸しにも白子が入っていて、
お味噌汁には海老の頭が入っていて、
能登ならではのセットでした。


子供はこちらのちらし寿司






娘ちゃん同士。

最初は恥ずかしがっていたけれど、次女ちゃん同士が先に打ち解けあい、
そしたら長女同士も近寄り始め、四人で仲良く
遊んでいる姿は、なんとも言えず微笑ましいものがありました。


また会う時は、どれくらい成長しているのかな?





その日を楽しみに、

また会おうね

と、別れました。



楽しいひとときをありがとう♡










スポンサーサイト



【2014/11/26 13:45】 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<お参り | ホーム | 5年振りの能登>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://70040122.blog120.fc2.com/tb.php/1044-d1945923
| ホーム |