スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
初めてのフルーツサンド
イチゴ・イチゴ・イチゴ♪♪

「フルーツサンドを家で作って食べたい!」
と思っていたけど、作るタイミングが難しかった。

パンだけど主食として家族に出すことはできないし、おやつにパンを食べるとお腹にたまりそうだし・・・。
でも、食べたい・・・。


そして、産休ライフである今、一人ランチとしてその夢は実現したのであります。
というか、たまたま材料が揃っていて、
「ん?今ならフルーツサンド作れる?いっとくか?いっとけ!」
てな感じでした。














この写真のは、私がお昼に食べたものではなく、kunyと娘の夜のデザート用に作ったものです。

私のは、サンドしてすぐにカットしたもんだから、なじんでなくて、食べてる途中はデロデロでした^^;
絶対に、若いころのデートでは食べられないような有り様!
ちなみに私は、中学生高校生の頃は、ハンバーガーは絶対に好きな人の前では食べられないと思っていた。
だって、大きな口を開けるし、口のまわり汚れるし、ソースがなんだかデロデロなんだもの。
あぁ、なんて可愛らしい発想の乙女だったのでしょう。



でも、手作りのフルーツサンドは美味しかった~。
フレッシュなイチゴと、甘さ控えめなホイップ♪
フルーツサンドといえば、「食堂かたつむり」の中にでてきたフルーツサンド・・・。
食べてみたかったなぁ。


そして私は明日イチゴのロールケーキを作る。

それって、パンがシフォン生地になって、くるくるしただけじゃん!
てことに気が付く。





ところで、今日は37週の健診に行って来ました。
順調順調。
赤ちゃんは先週よりさらに下がっていて、子宮口は3センチらしい。
赤ちゃんは下がりすぎて測定不可能なほどだけど、2400グラムらしい。
小ぶりなんだって。
そりゃ小ぶりだろう。
今のとこ私の増加体重は3キロいってないくらいだから、大ぶりだったら大変だ。

妊娠二回目ともなると、妊娠線予防クリームも塗ることもなく、できたらできたでいいや!妊娠の勲章だ!
と思っていたけど、今のとこできてません。
お風呂上りに、顔につけた化粧水を、そのままお腹にもぴとぴとするのはしてるけど。




さてさて、さきほど大量の韓国風春雨サラダを作りました。
昨日、生クリームも使ったシチューを作ったのに、娘はあまりがっついてくれませんでした。
彼女ががっついてくれたものは、
高菜と油揚げと千切り大根を、ごま油で炒めて、しょうゆとみりんで味付けしたもの。

大人用の常備菜で作ったのに、それをポリポリと食べていた2歳児!



6ピースのアンパンマンのパズルを、昨年N子ご夫妻からいただき、それについては裏っかえしてもわかるくらいにマスターしていた娘でありますが、

先週、65ピースのアンパンマンのパズルをおとうしゃんに買ってもらい、毎日食後におとうしゃんとそのパズルに奮闘しています^^。

おとうしゃんは、うまく娘を導いてパズルを一緒に完成させます。
娘は、
「おかあしゃんもやっていいよ~!」
と言いますが、
私はうまく彼女を導くことができませんでした。

なので私は即行あきらめて、娘には、パズルができないバカな母親を演じてます!(笑)

もっと慣れてきたら、私が教えてもらいます^^






スポンサーサイト
【2011/04/22 16:39】 手作りお菓子 | トラックバック(0) | コメント(2) |
やっと産休ライフ満喫☆
退院してから2週間が経とうとしております。

3月22日から約3週間、切迫早産のために入院していました^^;
まさか入院することになるとは~・・・。
今思えば、楽器吹きっぱなし、座りっぱなし、立ちっぱなしが多く、お腹がかちこちに張っていても、
心の中で「赤ちゃんごめんね~」と言いながら、無理していたなぁ。
赤ちゃん本当にごめんね。
ありがとうね。
おかげでお母さんは悔いがなく、ひとまずクラリネット人生の幕を降ろすことができたよ。
たいした幕じゃないけどね。
最後に、自分のクラリネットの音が好きだと思えて、幸せだよ。


退院してから、一週間は自宅安静にしていなくてはならなくて、そして無事36週を迎え、その日の健診で、かかりつけのクリニックの先生に無罪放免をもらった日は、Kunyの遅ればせながらの昇任祝いも合わせて、久しぶりにワインで乾杯しました。

って、早速飲んどんかいっ!
(ちょっとだけ、ね^^)

P1000221(1).jpg










メニューは、ハマチのカルパッチョ、念願のグラタン、美味しいソーセージ、トマト・きゅうり・クリームチーズのパスタ。

P1000223(1).jpg













入院中の約3週間、Kunyが家事育児すべてやってくれていました。
すごいです。ほんとにすごいと思います。
よっ!!!!イクメンっ!!!!

娘は今、2歳4か月、まさしく「じぶんでするっ!!」の時期なので、着替えやごはんにやたらと時間がかかったり、できない自分に起こる時があり、大変だったと思います。

そんな中、娘が熱を出し、名古屋の義母に急遽きてもらったり、私の親がおかずをたくさん送ってくれたり、みんなに協力してもらいながらの入院生活でした。

入院中は、センチメンタルになり、眠れない夜も何度もありました。

「私が仕事で無理をしなければ、入院することなく、娘にさみしい思いをさせたり、kunyに大変な思いをさせたりしなかったのではないのか。でも、そしたらきっと私は楽器を吹くこと、音楽をするうえで、きっと後悔しただろうな・・・。」
など、いろんな考えが頭の中をめぐり、声を殺して病院のベッドで泣いた時もありました。



でも、すべて、意味があること。
これも運命。




泣いた後はすっきりして、赤ちゃんと二人のんびり過ごしました。

同じ部屋の妊婦さんもみんな切迫早産で入院していて、わたしより断然長い入院期間。
そんな彼女たちと仲良くなり、連絡先も交換して、赤ちゃんが生まれたら遊ぶ約束もしました。
これも赤ちゃんが引き寄せてくれた出会いなのだと思います。感謝です。

入院中、お見舞いにきてくれた、先輩、同期、kunyと娘。
本当にありがとう。
お見舞いってこんなに嬉しいものだとは知りませんでした。

この先、誰かが入院したら、その人の許す限り、お見舞いに行こうと思います。

さてさて、そんなこんながありましたが、赤ちゃんが生まれる気配は全くなし~。

一人目出産のときも、赤ちゃんがだいぶ下がっていて、早い時期から子宮口開いてたけど、結局生まれたのは予定日過ぎてからでした。
きっと今回もそうなるんかな。
どんな風になるかわからないけど、赤ちゃんが出てきたいときに出ておいでね。

待ってるよ♪






【2011/04/20 09:28】 マタニティ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。